自己破産に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉ケース紹介 〉海老名市の自己破産

自己破産ケース

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ケース紹介

 

ケース紹介102 Eさんの事例

50代 / 女性 / 主婦

借入の理由:不妊治療、家族の減収


海老名市居住の50代女性のケースです。

債権回収会社等に合計100万円以上の借金があり、差押もされたところ、支払ができないとの相談でした。

 

不妊治療費

借り入れのきっかけは過去の不妊治療費ということでした。

最近でも、不妊治療は高額となりやすい状態ですが、過去は今よりも高かったといえるでしょう。

不妊治療の早期に妊娠できれば、費用は抑えられますが、妊娠できないと終わりが見えず、どこで打ち切ればよいのか、悩む夫婦も多いです。

一定の予算を決めて、という割り切った考えができればよいのですが、人生に関わるものであり、合理的な判断がしにくい分野となります。

今回も、夫が転職したことに伴い、世帯所得が減少したタイミングで、不妊治療を行っていたため、治療費の負担が大きく、家計が赤字となり、不足する生活費を借入れで補い始めるようになってしまいました。

妊娠に至ることができず、不妊治療費の負担が継続するものの、夫の収入は上がらず、債務が徐々に増加していったという事情です。

夫婦ともに借金が増えていく事情がありました。

 

代位弁済

銀行からの借り入れについて、返済が行き詰まり、保証会社に代位弁済されました。

銀行の借金については、通常、最後まで銀行が持つことは少なく、たいていは付いている保証会社に回されます。

通常は、まず、預金などがあれば相殺、その後に保証会社に移ることになります。

遅延損害金を含めて、保証会社が銀行に支払いをします。

これにより、保証会社がその権利を取得します。これを代位弁済と呼びます。

保証会社は、あくまで銀行のためにいるのであって、借主のためにいるものではありません。

保証料を払ったりすることもあり、保証会社がいるのだから、自分は払わなくても良いと勘違いされている人もいますが、そうではありません。

支払い先が保証会社になるだけで、借金自体は残るものです。

 

今回も代位弁済がされ、債権回収会社からの督促がされるようになりました。

 

支払督促

債権回収会社より裁判所に対し、支払督促の申立てがされました。

支払督促は、裁判よりも簡単に決定をもらえる手続きです。申立をされた際に、異議を出せば、裁判手続きで進めることができます。異議を出さないと、そのまま確定し、差押などもできる債務名義となります。

返済をできるだけの世帯収入もなく、放置したため、確定してしまいます。

もっとも、その後に同社からの請求や差押はなく、この債務の存在を忘れてしまいました。

 

任意整理

数年後、他の小口の借金、消費者金融の借金について、過払金返還請求と任意整理を弁護士事務所に依頼。

長期間、消費者金融に高金利の支払いをしていたので、グレーゾーン金利によって過払い金もありました。

その結果、債務を完済することはできなかったものの、大幅に借金を圧縮することができました。

 

債権差押

任意整理後、忘れた頃に、債権回収より債権差押申立てがされました。

支払督促が確定している場合、強制執行手続きをすることができます。

財産の差押え手続きです。

不動産、動産などの差押よりも、行われやすいのが債権の差押です。

給料や預金などが狙われやすいところです。

忘れていたくらいなので、遅延損害金も相当に加算されている状態でした。

支払いができるような状況になく、自己破産の相談に来たという経緯です。

 

 

家計状況

自己破産をする際、過去の債務の経緯以外に、今後の家計状況を問題視されることもあります。

今回、専業主婦で、収入ははなく、親の介護があり、働いて収入を得ることもできない状態でした。

世帯としては、夫の収入に頼る生活。


夫にも、債務があり、夫名義の自宅不動産を担保にするローンもありました。

自宅を手放すわけにはいかず、夫の債務を整理できる状況にはありませんでした。

このように、配偶者に債務がある場合、その解決方法を聞かれることも多いです。夫の債務を返せない状態だと、また借金をしてしまうのではないかと心配されるわけです。

 

特に、家計状況を見て生活費が不足しているような場合には、今後の見通しを伝える必要があります。

直近の家計状況が悪化している場合には、特に説明が必要です。

夫が病気であり、1ヶ月以上仕事を休まざるを得ない時期があったことから、その点のフォロー、親族による援助などを伝えています。

実家から、お米などをもらったりしている場合、そのような説明をしています。

 

主婦による少額での自己破産

自己破産の要件には、支払不能というものがあります。

本人の財産がなく、収入がないのであれば、支払いは不能そうにみえますが、借金の原因が家族にも関係する支出である場合には、家族による返済ができないのかも指摘される可能性はあります。

そのような場合には、家族の債務状況、収入状況、財産状況も示していく必要はあるでしょう。

生活保護のような場合には、数十万円の債務で支払不能が認められますが、債務額100万円程度の場合、積極的に支払い不能の要因を示す申し立てが必要でしょう。


本件では、支払不能が認められ、同時廃止による免責許可が出されています。

 

医療費等を原因とする借金の自己破産ご相談も無料で受け付けています。

以下のボタンよりお申し込みください。

 

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

4/19相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

4/21相談会開催

動画配信中↓↓


ページトップへ