自己破産に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉ケース紹介 〉ケース紹介17

管財手続とは

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ケース紹介

 

ケース紹介17 綾瀬市在住の方の自己破産

40代 / 男性 / 会社員

借入の理由:うつによる収入減


綾瀬市に住む40代男性のケースです。

住宅ローンを含めて10社から約2800万円の借金があるとのことで相談に来ました。

自宅については、オーバーローン状態だったものの、大手の会社に勤務していたことから、退職金が一定額あること、従業員持株会を通じた株式を持っていたことから、管財事件となりました。

退職金については、現在、退職していなくても、辞めた場合の見込み額のうち8分の1(神奈川県での運用)を債権者に分配する必要があります。

破産手続終了後の生活を安定したものにするために、財産について、自由財産拡張の申立をして、なるべく依頼者に残せるよう破産管財人と交渉をしました。

株式については売却し、配当にあてられましたが、退職金見込み額や、保険等については、自由財産として残すことができました。

自宅については、破産手続き中に破産管財人により任意売却されています。

自由財産拡張の申立については、まだ統一的な運用がされておらず、誰が破産管財人になるかによって、判断が分かれたりもします。その判断の際に、重視するポイントも違いますので、しっかりと主張しておくことが重要です。

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

10/15相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

10/15相談会開催

動画配信中↓↓



ページトップへ