自己破産に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉ケース紹介 〉ケース紹介20

ケース紹介

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ケース紹介

 

ケース紹介20 Aさんの事例

40代 / 男性 / 保険解約金

借入の理由:生活費、貸付
債務総額:500万円


40代男性のケースです。

知り合いに頼まれると断りきれない性格で、自分も生活費不足で借金があるのに、人に貸してしまうなどしていました。

そのような生活をしているなかで、自分も転職により収入が減ったほか、知り合いからの返済も受けられなくなり、支払ができなくなってしまいます。

 

やむをえず、自己破産をすることになりました。

申立準備を進める中で、一定額の解約返戻金がある保険の存在が発覚しました。

ご自身は、保険の継続にこだわりがありませんでした。

ただ、そのまま申立をすると、管財手続きになる金額でした。

そのため、保険を解約し、解約金から申立費用を捻出することにしました。

 

財産の不当な処分や、隠したりすることは認められませんが、有用の資といい、手続きを進めるための費用にあてることは認められています。

このような手続きの進め方により、管財事件ではなく、同時廃止手続きで進められることになりました。

ご自身が、平日の日中に休みにくい仕事であったため、管財事件だと管財人との面談や債権者集会への出席が大変だと心配していましたが、同時廃止手続きで進められることにより、平日に仕事を休む必要はなくなりました。

免責も認められ、安心して生活できるようになりました。

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

10/15相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

10/15相談会開催

動画配信中↓↓



ページトップへ