自己破産に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉ケース紹介 〉税金の差し押さえ

管財手続とは

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ケース紹介

 

ケース紹介30 Sさんの事例

40代 / 男性 / 会社員

借入の理由:妻の体調不良、税金差し押さえ


厚木市にお住まいの40代男性のケースです。

厚木市内で、運転手として働いていました。

体調不良の妻に関する費用等が不足し、ローン生活となっていました。

業界内で転職するなどして、収入を維持し、借金の返済はなんとかできていたという状況でした。

 

ところが、税金の滞納がかなりありました。

市役所の担当者とは相談し、分割払いをしたり、払えない時には担当者に伝えて待ってもらったりしていました。

 

しかし、突然、給料が入金された直後の預金口座を差し押さえられ、1ヶ月分の生活費が足りなくなりました。

もちろん、ローンの返済もできなくなりました。そこには、自動車ローンも含まれており、そこから立て直すことができず、通勤手段を失ってしまいました。これを理由に退職。

その後、かなりの期間が経った後、派遣社員として働き始め、生活費はなんとか稼げるものの、過去の借金まではとても払えないということで、相談に来ました。

 

自己破産をすれば、借金の支払義務はなくなります。しかし、税金については非免責債権とされ、支払義務が残ります。

市役所等の滞納税金については、担当者レベルでは話がついているのに、今回のように突然の差し押さえがされてしまうことがあります。

全国的には、違法とされる差押がされているケースもあります。

税金滞納は非常に怖く、今回のケースのように仕事を失ってしまうこともありえるのです。

税金滞納・借金がある人は、借金を整理し、なるべく税金滞納を解消することが安心できる生活に繋がります。

 

滞納税金、借金にお困りの方は、ぜひご相談ください。

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

10/15相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

10/15相談会開催

動画配信中↓↓



ページトップへ