自己破産に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉ケース紹介 〉伊勢原市の自己破産

管財手続とは

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ケース紹介

 

ケース紹介41 Mさんの事例

20代 / 女性 / アルバイト

借入の理由:ショッピング、パニック障害


伊勢原市にお住まいの20代女性のケースです。

債務額が97万円という金額での自己破産でした。

まだ若く、100万円を下回る借金で自己破産が認められるのか疑問もありました。

 

自己破産が認められるためには、支払不能状態にあることが必要です。

高齢者や障害者の場合には、100万円の支払いも難しいとして100万円未満の債務でも自己破産が認められやすいです。

これに対して、20代などの若い人の場合、将来、収入が変動して上がる可能性もあるため、100万円未満での自己破産は認められにくい傾向にあります。

とはいえ、個別事情により、収入・財産からして支払いができないと判断されるのであれば、自己破産が認められる可能性はあります。たとえば、生活保護を受給しているような場合には、数十万円での債務でも自己破産が認められることが多いです。

 

今回の相談者は、OLとして働いていた時代に、デパートでセゾンカードを勧誘され、ショッピング等に利用していました。

以前は、月収25万円程度あったため、収入の範囲内で返済もできていました。

しかし、その後、人間関係に悩み退職。転職活動もうまくいきませんでした。

交際していた男性と同居していたため、生活費は何とかなっていたものの、その関係も破綻。

派遣社員として働くも、精神的に参ってしまい、パニック障害を発症してしまいました。担当医からは休職を勧められるに至りました。

 

パニック障害により外出ができなくなり、派遣社員としての稼働もできなくなりました。

本来であれば、収入がないため、生活保護の受給を検討するような状態でしたが、親族照会だけは避けたいと考え、この申請もしませんでした。

自宅でできるクラウドソーシング等の仕事で多少の収入を得て、食費等を補うような状態でした。

 

依頼を受けて、債権者への受任通知により支払いを止めてから、相当期間、家計の収支状態を確認し、任意整理など他の方法が使えないか検討しましたが、支払いができるような状態ではなく、自己破産となりました。

 

少額の債務での自己破産ではありましたが、事情を裁判所に説明し、自己破産が認められました。

 

免責許可決定も出て、借金の支払い義務がなくなりました。

 

 

伊勢原市にお住まいの方の管轄裁判所は、横浜地方裁判所小田原支部になります。

横浜地方裁判所小田原支部では、裁判所への出頭が原則として不要とされています。

今回の相談者は、病気により、電車等にも乗れない状態でしたので、この裁判所管轄だったからこそ、自己破産ができたいといっても過言ではありません。

 

少額の自己破産や、伊勢原市にお住まいの方で、自己破産をご希望の方は、以下のボタンよりお申し込みください。

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

10/15相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

10/15相談会開催

動画配信中↓↓



ページトップへ