自己破産に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉ケース紹介 〉母子家庭の自己破産

自己破産ケース

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ケース紹介

 

ケース紹介59 Kさんの事例

50代 / 女性 / 生活保護

借入の理由:保証人、ノルマ


厚木市にお住まいの50代女性のケースです。

銀行系の債務の他、保証債務を負っているとの相談でした。

 

夫の保証債務

結婚していた際に、夫が住宅ローンを組み、厚木市内に戸建てを購入しました。

夫が自宅に太陽光発電システムを導入した際、相談者がこのローンを連帯保証しました。

また、自宅の外装費用の保証人にもなりました。

その後、夫の収入が不安定で家計が苦しかったため、働きに出ました。

 

化粧品購入

化粧品販売に従事したのですが、店長から「自分で商品を使わなければ、お客様にお薦めできない」と言われ、住信SBIネット銀カードのクレジットカードで化粧品を購入するようになりました。

アパレルや美容関係だと、このような借入理由も多いです。

しかも、この仕事は、顧客に化粧品を販売しなければ全く収入が得られないシステムでした。

歩合制のため、ほとんど収入を得られず、退職となります。

以後は体調不良のため仕事はできませんでした。

一時的に仕事をするも、病気を発症、手や膝の腫れ・痛み等で仕事ができなくなりました。

 

離婚、生活保護

夫婦関係はうまくいかず、最終的に離婚となりました。

就労ができないため、母子家庭、生活保護受給となりました。

さらに、もと夫が弁護士に依頼のうえ自己破産をすることになったため、連帯保証をしている相談者も手続きを進めることとなりました。

 

2回めの自己破産

聞き取りを進めると、過去に破産歴があることが判明しました。

約20年前の破産でした。

これはさらに前の夫と婚姻時に、同人がギャンブルにのめり込んで生活費が足りなくなり、その不足を賄うために借入れをしたことが主な原因でした。

当時は、子どもがまだ小さかったため、相談者自身は働きに出ることはできませんでした。

7年以内の自己破産ではないので、免責不許可事由にはなりませんが、2回めの自己破産の場合には、過去とは違うということを説明する必要があります。

今回は、債務の大部分が、住宅関連の保証人であったため、管財事件になることはなく、免責許可を得ることができました。

 

 



2回めの自己破産であっても、ご相談は無料で受け付けています。

以下のボタンよりお申し込みください。

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

10/15相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

10/15相談会開催

動画配信中↓↓



ページトップへ