自己破産に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉ケース紹介 〉秦野市の自己破産

自己破産ケース

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ケース紹介

 

ケース紹介96 Kさんの事例

50代 / 男性 / 会社員

借入の理由:個人再生、住宅ローン、情報商材


秦野市にお住まいの50代男性のケースです。

住宅ローンの残金を含め約1200万円の借金があり、給料も差し押さえられた、以前の弁護士に辞任されたという相談でした。

 

 

住宅ローン

結婚し、子が誕生した翌年に住宅ローンを組んで自宅を購入。

当時、月収が30万円程度あり、住宅ローンが月額8万円弱でした。

収入の約4分の1、金額からしても、そこまで無理がないローン額といえます。

 

事故による借り入れ

借りた車で事故をしてしまい修理費のため借入をしました。

事故のような突発的な事情に対し、貯蓄も少なかったため、借り入れでフォローするしかなかったという事情です。

借り入れにより家計収支のバランスが崩れてしまい、徐々に借金が増える事態となります。

子が育つにつれ、養育費用もかかるようになり、住宅ローン以外の借金が200万円超に。

 

個人再生のその後

ここで、早めに手を打とうと考え、個人再生。

借金は最低返済額の100万円程度まで減額。住宅資金特別条項をつけた個人再生だったので、自宅は維持できていました。

その後も、家計の収支を意識し、個人再生の再生計画案どおりに返済は終わらせることができました。

 

情報商材

このまま、家計の収支がプラスになればよかったのですが、そうは行かず。

職場での収入も徐々に下がっていく状態となりました。

現状をなんとかしたいと色々調べ、ネットで見つけた儲かるという情報商材に手を出し騙されてしまいます。


当初は、10万円程度の情報商材を購入。メールのクリックをするだけでお金が稼げるという内容のものでした。しかし、そのとおりにやっても全く収入はありませんでした。これを購入したことで、別の商材の勧誘が来るようになり、1年半程度の間に、数十万円程度の追加支出をしてしまいます。

その費用を、消費者金融から借り入れ。

過去の個人再生履歴からして、信用情報上、大手消費者金融や信販会社からの借り入れはできない状態だったと思われますが、神奈川県内で展開する中規模消費者金融からの借り入れができてしまいます。

しかし、さらに、手取り収入も20万円くらいに下がっていました。


当時、新しい借入を妻に言えず、小遣いもなく、返済が大変な状態に。

給料の差押などもされてしまいます。

 

住宅ローンが返済不能に


住宅ローンの支払分を他社の返済にあてたりするなどして、少しずつ住宅ローン返済が遅れていくようになりました。

そのうちに払えず、ストレスも多くなり、人間関係を理由に退職。

住宅ローンの支払も停止。自宅が競売になりました。

就職するものの、住宅ローン残金は1000万円近くあり一括精算は無理。

収入は以前よりも下がり、携帯電話代も払えなくなってしまいます。

ある法律事務所に自己破産の依頼をしたタイミングで、貸主から支払督促を起こされるなどしてしまいます。

精神的に体調不良となり、書類が準備できず、弁護士に辞任されてしまいます。

その後、体調がある程度回復したとして、当事務所へ相談がありました。

 

個人再生のケースですが、辞任の話を動画で解説しています。

 

車の所有

型式は古いものの、近いところで自動車を購入していたため、その補足説明は求められています。


以前は、電車・バスを利用しての通勤で毎月の通勤交通費がかかっていたところ、職場から支給される通勤手当の上限を超え、自己負担額が多かったため、節約のため、安く買える車を探していました。

また、病気の症状から電車に乗るのが辛かったり、早出のときには間に合わないこともありました。

そこで、知人から購入できることになったので、中古車を購入したという経緯でした。

残渣価値についても、査定価格については数万円ということで、処分は不要とされ、維持できています。

 

タバコ代

この家族は喫煙者でした。ヘビースモーカーといっても良い金額支出があります。

破産や個人再生を利用する人の中には、喫煙者の割合が高いです。

今回の経緯を見ると、個人再生で家計を改善したものの、また悪化させてしまい、個人再生で残せた自宅を手放すこととなってしまっています。

この過程で、禁煙という発想ができなかったのか、疑問です。

タバコを維持するために、家を失ってしまっている可能性すらあります。

タバコについては、本来、必要性がなく、メリットは何もないことを多くの人が知っています。

タバコの効果は、また次のタバコが吸いたくなるだけ、とくに集中力などへの良い影響はなく、健康面での悪影響のみが指摘されています。

個人の自由ではありますが、借金生活に苦しい場合には、タバコを止めるというのが、最初の選択であるように感じますし、そのように伝えることも多いのですが、なかなか禁煙できる人はいないです。

禁煙で家計改善できたという人は、ぜひコメントをください。

 

免責許可

自宅も競売となっており、過去に個人再生の経歴があり、以前の弁護士が支払いを止めてから長期間が経過していたため、不安はありましたが、体調と相談しながら、何度か打ち合わせをして、申し立て、免責許可を得るこことができています。過去の履歴はあるものの、基本的には住宅ローン残債務が原因の自己破産となります。

住宅ローンについては、収入が減ったことで支払不能になるケースが増えています。

競売や任意売却後の債務は多額であり、通常は返済できないことから、自己破産という選択が基本となってしまいます。

 

 

 

住宅ローン破産を理由とする借金の自己破産ご相談も無料で受け付けています。

以下のボタンよりお申し込みください。

 

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

4/19相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

4/21相談会開催

動画配信中↓↓


ページトップへ