自己破産に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉Q.何年も前に購入した自動車はどうなりますか?
弁護士の法律相談

管財手続とは

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

FAQ(よくある質問)

 

Q.何年も前に購入した自動車はどうなりますか?

自己破産は、財産を処分される手続ですが、価値が低い財産はそのまま持っていられます。

自己破産をしても、車をそのまま使い続けられることも多いです。

著者 弁護士石井琢磨

 弁護士石井琢磨
 更新:2022.7.6

 

車については、その価値をどう評価するかが問題になります。

多くの裁判所では、売却した際に、20万円を上回るかどうかを基準にしています。


20万円を上回る車は処分。

20万円を下回る車はそのまま使って良い。


このような基準です。

この評価は、破産の申立てをする際に、査定などをしてもらい資料を提出します。

査定をしてもらう場合には、一応、複数社にあたっておいた方が無難です。

ネット上での一括見積りなどを利用しても問題ありません。

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】


そのような査定をしなくても、一般的な国産車では減価償却期間である6年以上が経っている場合、軽自動車では4年以上の期間が経っている場合、その車を無価値とみなす運用がされている裁判所もあります。

この場合、査定もいりません。

ただ、車種によったり、近いところで購入している場合には、評価額が問題になることも多いので、念の為に無料査定はしておいた方が無難です。

以上の話は、自動車のローンが残っていない場合の話です。

 

なお、「破産するから、名義を変えちゃえ」などと考えて実行してしまうと、破産手続上、問題になることが多いので、素人考えで動くのはやめておきましょう。

車を残したければ、弁護士にその旨を伝え、取れる手段を考えていきましょう。

 

 

 

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

弁護士のロゴオフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

神奈川弁護士地図

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

法人破産バナー

厚木本店

8/8相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

8/9相談会開催

動画配信中↓↓


ページトップへ