寒川町での自己破産の事例紹介。神奈川県厚木市・横浜市の弁護士。

HOME 〉ケース紹介 〉寒川町の自己破産
弁護士の法律相談

自己破産ケース

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ケース紹介

 

ケース紹介167 Sさんの事例

男性画像

50代 / 男性 / 会社員

借入の理由:生活費、車


神奈川県高座郡寒川町にお住まいの50代男性のケースです。

解雇されたのち就職活動がうまくいかず、キャッシングや自宅の売却代金に頼って生活。一時は生活保護を受給するまでになり、転職先や返済の目処が立たなかったため相談に来られました。

無職の間に趣味の車に費用をかけてしまい、浪費に該当する可能性がありましたが、同時廃止事件で免責許可がおりました。

  • 車など浪費による借金で自己破産を検討している人
  • 寒川町内で自己破産を検討している人

に役立つ内容です。

(著者:弁護士石井琢磨 更新日2021.6.8)

 

 

解雇され、収入減

5年前、当時勤務していた会社の業績悪化により、会社都合で解雇されてしまいました。

その後、就職活動をしたもののうまくいかず、預金を取り崩して生活していました。翌年には再就職できましたが、以前の仕事よりも収入は低くなりました。

日々の生活費で足りない分は、それまでに持っていたカードを使って支払ったりしていました。

1年ほど勤めたところで再び転職しましたが、収入は上がりませんでした。転職先は肉体労働系の仕事でしたが、体が持たず、業務の運転中に事故を起こしかねないと考えて半年後に退職しました。

その後、就職活動を続けましたが、うまくいきませんでした。

一定の年齢になってからの転職がうまく行かずに収入減に耐えられない事例です。


自宅を任意売却

退職して2か月ほど経った頃、自宅の固定資産税や住民税の滞納があったので、それらを支払うために自宅の売却を決意しました。

任意売却は不動産会社に依頼し、1250万円で売却しました。仲介手数料は50万円ほどでした。

売却代金のうち80万円は、滞納していた固定資産税、住民税の支払いに充てました。また、引っ越し費用や家電製品の買い換え費用として、70万円を支出しました。その他に、車のタイヤ交換費用やナビの購入費用として30万円を支払いました。

当時はすぐに就職が決まると思っており、生活費に関しては売却代金を取り崩したり、不足分をキャッシングをしたりしてまかなっていました。

売却代金で余力ができたため、就職活動も良い条件のところを探したりしてしまったものです。

そして、仕事に対する空白期間が増えれば増えるだけ、再就職が難しくなるという悪循環に実は陥ってしまっていたのです。

 

生活保護の受給

預金はすぐに底をつきました。

一時的にアルバイトはしていましたが、正社員としては就職できなかったため、生活保護を受給して生活するようになりました。

この頃は具体的な転職先も決まっておらず、借入の支払いはできなかったことから、法テラスを利用して破産の手続きを進めることにしました。

申立前までには、現在勤めている会社に就職することができ、なんとか生活できるようにはなりましたが、借入の返済に関してはやはり厳しい状況でした。


車・バイクの所持

相談者は車が趣味でした。

4年前にローンを組んで車を1台購入していました。その後、また別の車を購入。さらにもう1台、軽自動車を購入しました。一時的には3台の車を持っていたことになります。

また1年前には、通勤用に110ccのバイクをクレジットカードで購入しました。しかし、荷物を載せられず燃費も悪かったので、半年後に買い換えました。その後、バイクは結局売却しました。

車に関しては、以前から趣味だったためにやめられなかったようです。自宅の売却代金があったので気が大きくなり、借金があるにもかかわらず3台とも持ち続けてしまったとのことでした。

就職先がなかなか決まらずに貯金が減っていくのを見て、このままでは生活ができなくなると考え、維持費が低い軽自動車を残して他の2台は売却しました。

 

浪費は免責不許可事由

このように車の買い替え頻度が高い場合には、免責不許可事由の浪費と認定されやすいです。

複数台の車の買い替えがあるような場合には、その購入金額、ローンを使っているのであればローンの支払金額、複数台を同時に所持していた時期があれば、その理由、買い替え理由などを説明していくことになります。

今回のケースでは、仕事をしていない時期に頻繁に買い換えをしており、借金も増えていることから、免責不許可事由としての浪費とされてしまいます。


免責不許可事由の可能性

相談者は、自宅を売却した代金を約1年半で消費してしまっています。

また借金があり無職の状態でありながら、一時期、3台の車と1台のバイクを所持し、その関連費用を支払っていることから、浪費に該当する可能性がありました。

ただ、相談者は当時再就職がもっと早くできると見込んでいたこと、再就職がうまくいかず早い段階で車を手放していること、一時的には生活保護の受給にまで至っていること、他に目立つ高額支出が見当たらないことから、裁量免責が相当と考えられました。

申立時には反省文を提出し、同時廃止事件として裁量免責許可がおりました。


自己破産での必要書類一覧

今回の申立時には以下の書類を提出しました。

みずほ銀行等の預金通帳、取引明細証明書
JAバンク等の預金通帳

退職手当金規定
積立年金加入申込書
確定拠出年金加入登録のお知らせ

自動車の車検証
自動車保険の保険証券
バイクの標識交付証明書
バイクの買取証明書

賃貸借契約書
賃貸住宅保険の契約書
駐車場賃貸借契約書

給与明細 2か月分
前年度の所得証明書
今年度の課税・非課税証明書

電気料金支払い領収書

 

自己破産と退職金の必要書類

就職後、間もない時期での自己破産申立てですので、退職金見込額はほとんどないものと見込まれました。

とはいえ、資料の提出は必要ですので、退職金規定を提出しています。

雇用契約書に退職金制度がないような記載があれば、その提出で足ります。

また、確定拠出年金については、差押禁止財産ですので、自己破産でも処分対象にはなりません。退職金制度が確定拠出年金制度だけであるという場合には、その旨の資料を提出すれば足ります。

自由財産と呼ばれるものです。

Q.破産財団、自由財産とは?

 

住宅保険の必要書類提出

住居を借りている賃貸物件にお住まいの場合でも、住居に関する保険に加入していることは多いです。

そのような場合、自身の保険と同じように、保険証券や解約返戻金に関する証明などの資料提出が必要です。

通常は、賃貸借期間に合わせたり、1年単位での加入になっていますので、月割での解約返戻金額を算出して提出します。

また、加入が賃貸借契約で義務付けられており、解約不能という場合には、その旨の報告も合わせてしておきます。

 

 

 

寒川町にお住まいの方からの自己破産依頼も多いです。ご相談は無料で受け付けています。

以下のボタンよりお申し込みください。

 

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

弁護士のロゴオフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

神奈川弁護士地図

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

法人破産バナー

厚木本店

6/15相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

横浜駅前事務所

6/14相談会開催

動画配信中↓↓


ページトップへ